忍者ブログ
管理者のてきとーなつづりがき。イラストや私的趣味について語る予定らし医学部としての学生生活もレポートしていこうかと思われたが医師に。 お 研修医師のてきとーさをあらわすブログになりそう
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[01/17 Viktorianemeld]
[04/15 雷晶]
[04/09 Kato]
[02/28 雷晶]
[02/27 窪羅屍邊]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雷晶(いかずち あきら)
性別:
非公開
職業:
研修医
趣味:
パソゲー、非電源系
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 最近、K2という漫画をみつけたがこれがおもしろい。随分前にスーパードクターKという漫画があったがこれはその続編にあたる。ストーリー的には凄腕の医師、ドクターKが活躍するというもの。手術の腕はもちろん、診断の腕前も一流であり、診断をしていくさまは医学生の僕にとって参考にしたいところ。実際読むだけで勉強した気になれる。K2では主なテーマは移植。現在の日本ではドナーの絶対数が不足しているために、それを嘆いている内容となっている。最先端とはいっても少なくとも金沢大学医学部では移植は縁遠い話である。それだけ移植というものは考えられていない。もっと考えるべきテーマとは思うが、そもそも移植に正当性があるのかが未だに結論が出ていないだけに難しいところである。僕は?うーむ、正直肯定だな。時代によっても変わるものかもしれないが、移植は根治法としてはエッセンシャルな方法となりえ、その芽を倫理とかでつぶすべきではないと思う。神を冒涜している気は確かにするが、医療としては認めていいと思う。そのために人口増加で地球破滅や移植を狙う犯罪が増えたとしても、仕方がなかった!ということで。話題はずれたが、とにかくK2はおもしろいのでおすすめ。
 全く話は変わるが、QBはついに放射線を終え、内分泌に突入。正直放射線は理屈である程度できるので問題はなかったが、逆に言うとある程度の思考も必要になる。それは内分泌にもいえ、データから読み取る作業が重要であった。よって、やっているぶんにはおもしろい分野といえる。

reimutomarisa.jpg




















霊夢と魔理沙のワルツ。二人の関係的に霊夢がリードのイメージ
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4]

Copyright c blogでイラスト。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]