忍者ブログ
管理者のてきとーなつづりがき。イラストや私的趣味について語る予定らし医学部としての学生生活もレポートしていこうかと思われたが医師に。 お 研修医師のてきとーさをあらわすブログになりそう
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[01/17 Viktorianemeld]
[04/15 雷晶]
[04/09 Kato]
[02/28 雷晶]
[02/27 窪羅屍邊]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雷晶(いかずち あきら)
性別:
非公開
職業:
研修医
趣味:
パソゲー、非電源系
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、詩音中毒になったので描くといった以上は描かざるを得ない。ルーズリーフとシャーペンでとりあえず10分で下絵を終わらせる。テーマは「アクティブ」。
それはともかくせっかくだし、ひさしぶりにCGとやらがはやっているらしいので、おふざけで色をつけようと思ったのが運のはじまり。マウスすらないから、タッチパネルのみ。しかし僕はフォトショップを信じた。

1.jpg基本の取り込み。性能が悪く、ルーズリーフの横線がないのがよい。このままでは、塗れないので、エンハンスから線画のみ抽出し、線画レイヤーを構築。これはどーでもいい作業で2分で十分だが、線画調整は普通する。しかしめんどいので今回はなし。ノン線画いじり・・・デンジャー!













2.jpg肌レイヤーとかつくって塗る。適当。ゾーンもつくるのがめんどい。まあ、塗るだけなのではみだしまくりだが、3分でできる。あとは部位ごとのレイヤーをつくって塗るだけというお粗末な使い方。フォトショップの意味がない気もしないでもない。基本は2色コントラストでいく。












3.jpg 髪レイヤー。これすら1枚で十分だろう。(←おい!)しかし髪は2色ではさびしーので覆い焼きレイヤーで発色するのが最近のマイブーム。だが、適当感はいなめない・・・。それは当り前で、髪すら10分塗。タブレットでなく、ゾーン指定もしてないから当然の結末。












4.jpgなんだかんだで服。しかし、服ってのは愛がないからね。どうしても適当になるね。しわとか付けたいけどタッチパネルではムリポ。可能なコントラストでだましだましに色をつける。色塗りの基本は「騙し」。ひ、ひどい・・・。












5.jpgいよいよ表情?つーか目。ここは気合いを入れすぎると逆に死ぬのでそれなりにすることに。しかし原本が500×500ピクセルと小さく荒くなってしまう・・・。どうして僕は縮小してしまったのだろう。(答え:フラッシュで持ち運ぶため)よって細かい作業は不可能と判断、最後まで「騙し」を使うことに・・・。俗にいう小手先の技。












そんなこんだで完成。2時間を切る感じだな。背景はてきとーに1分でつくってみたが、適当すぎて合わんね。写真合成はもっと合わなさそうだが・・・・。

結論:やはり、CGには程遠い腕であった。今の時代はペンタブレットが使えないといろいろ厳しい。マンガを描く分には十分だったが。なんというか、タブレットは性に合わなくてね、安物だから?はやめに慣れとけば便利そうなんだが・・・・う~ん。
フォトショップはツールとしては上等。漫画には向かないし、よくよく考えるとイラストにも向かないが、イラストレイターよりは愛用してる。まあ、簡単だから。
私自身シンプルなツールしか使えないのでそれはいいが、イラスト特化ならSAIとかのほうが明らかに優秀だろう。にこ動画のSAI使いのテクはすごく役に立つと思うよ。わたしは一切そういったテクを使っていないアナログCGだが。

まあ、話はそれたがすべては詩音を布教する前ふりなので、「詩音 ひぐらし」で検索をかけてもらえたらこのイラストを描いた意味は達成されるのでよろしく。

18c1ed8djpeg
はたして彼女が握っている手はだれか?それは想像に任せます・・・・。
(ヒント:彼女は一途です)
PR
ついに放送された新ガンダム。舞台はやはりコズミック・イラではないようだ。まだ始めなのでなんともいえないが主人公たちは戦争を武力でなくそうとする組織。その存在の矛盾からもなにか伏線がありそうだ。ガンダム乗りたちはウイング顔負けの美男子軍団。ヒロインぽいヒロインこそはまったくでてこなかったが今回も船長は女性のもよう。雰囲気的にもウイングの流れのこの作品、どうなるか期待である。作画、動画ともにクオリティーは高い。最期のせりふ「ガンダムマイスターだからな・・・」。今回の三人組はぜひ美少女でかつ生き残りますように、今のうちに願掛け。
アニメ化といえばナイトウィザード、はじまっちまったか。TRPGプレイヤーとしてはたしかにナイトウィザードは大した作品だ。しかしそれゆえマニア度は高く最初など説明がないとついてこれないだろう。それにTRPGは媒体としてはリプレイという形が一番よいと思っている。なぜならばPCのあほさ加減がまたまた大きな魅力だからだ。とはいってもきくたけ(原作者)はなかなかよいシナリオをもってくるのでアニメ本体のみでもなんとかなるかもしれないが・・・。まあ、次回に期待。ファーストインプレッションだがヒロインはなかなかよい。
ついに耳鼻科終わりました。正直そこまでの難易度ではなくでると思われた画像もオールカット。6割は多分あると思われ、皆も多分できているだろうし平均点は高いだろう。平たくいえばラクだった。やっぱりそう思うとあの救急は・・ないわ。とにかくそろそろテストもラクになってきたかな。特に明日の皮膚科は予想だがやはり楽そう。そのあとの核医学のほうがよっぽどいや。まあ、卒業試験解放までもうすぐだー!

yuyuyoumu2.jpg
妖夢アンド幽々子。ひさしぶりに色鉛筆オンリー。やっぱ時代はCGかな?限界が・・
ちかごろは卒業試験の連続でストレス続き。こんなときはレジャーに限るがなかなか勉強もしないといけない手前厳しい。そんなときは温泉に限る。当然同士を集めていろいろと話ながらはいるのだがなかなかによい。僕は金沢にいるが、温泉の数は多い。選びほうだいなのもまたよいことである。サウナは苦手だが・・・
ついに東方風神録の委託が始まったようですな。これでネタばれも解禁だろうか。機会があればアップしていきたいがなかなか卒業試験のせいで難しいかと。まーがんばってノーマルノーコンをめざすべし。最終面までで4機残っていたら初見でもクリア可能なはず。基本はボムゲーなのを忘れずに。詳しいクリア法は(アドバイス程度だが)以前書いたのでそちらを参考に。永夜抄Bノーコンよりかはかなり楽だと思われるので気合で。
さて最近いかれた同人誌を発見したので紹介をば。高久としひこ様の漫画だが知っている人は知っていると思うが基本は東方のエロ作家で有名である。それもなかなかにいいのだがあえて奨めたいのは今作の「兎たちの沈黙」。なんつーか結構やばい。詳しい内容はすべてネタばれになってしまうがウドンゲファンにはたまらん出来だろう。残念ながら前編しかまだでていないが後編が楽しみである。正直ネタ作品である。
まあ、いろいろ現実逃避してきたが卒業試験はいろいろデンジャーなことになりつつあったり。来週はどうでもいい教科と思い込んで安心したが10月からはハードアンド油断ならない教科もふえる。問題は状況に反比例しやる気が失せていることだ。過去問中心作戦はすでに崩壊のきざしをみせており、やる気なし作戦は通用しないように思えてきた・・・。だがここ数日の睡眠10時間習慣を克服できないいま正直やばい。交渉戦の準備が必要のようだ。(マジ)

sakuya6.jpg
瀟洒に解決。教授、通してくれますよね?もし断るなら・・・・
そういえば以前にも書いたが、フェイトゼロというものが出ている。要約するとフェイトステイナイトの1つ前の聖杯戦争を描いているものだ。3巻まで出ているので読んでみる。以前は1巻までで進行もゆるやかと思ったが、ここ2巻の間に戦いは激化、一気に終盤直前といった様相だ。フェイトを知っている人ならわかると思うが、やはりメインは衛宮と言峰。やはりこの2人のからみを期待せずにはいられないでしょう!しかし彼らはまだ会ってもいないが・・・。まあ、いままでで、大体のストーリーは消化しているがまだまだ見所はありそう。これはすでに昔の外伝であり、終末は決定つけられているが、それでも読ませるなにかがある。筆者の腕には、見事としかいいようがないだろう。TRPGのGMを多くしている僕としてもシナリオの構成上、見習うところは多分にある作品だ。まだ読んでない人には是非読んでいただきたい。ただし、フェイトステイナイトをやってからのほうが、圧倒的に感慨が違うということを付加しておこう。
さて、ひさしぶりに東方妖々夢をやってみるが適当でもノーマルノーコンできていた。やはりココ最近の風神録エキストラ攻略で魔術回路が賦活化したのだろうか。ただこうしてやってみるとやはり妖々夢は名作だと感じた。風神録も悪くはないがベストオブオンはやはり妖々夢か。難易度、美しさ、音楽・・・すべてが美しい。しかしこれは今の段階の話で同人誌や情報、やりこみで十分変わりえるだろう。それだけのスペックが風神録にはある。まだまだ5時間しかしてないしね。もっとやりこむ予定。卒業試験が邪魔だが・・・。
まったく話はかわるが医学生としては卒業試験は無視できる存在ではない。と、いうわけで対策を講じる。最初は内科だ。循環、内分泌、呼吸器は傾向が変わる様子がないからいいが、残る3つは難敵。とくに3内に属する血液はカットラインがしっかりしていそうだ。血液自体難しく今現在最大の敵といえよう。消化器、アレルギーも発狂だが、彼らは優しいと思われ、やばくてもなんとかしてくれそうだ。そんな読み合いがこれから2ヶ月続くと考えるだけで、やる気が・・・・

d2f40e8f.jpeg
ウドンゲ。今作は狙っているキャラがいなかった気が・・・・
さて新着といえば新着の漫画、新ブラックジャックによろしくの2巻を読む。新に入ってからは移植が主な話題である。事実移植はすばらしい医療であるがそれは結果であり、そこにいたるまでの過程はどの治療よりも困難である。それはむしろそうあるべきだとも思うが。移植というのは死体移植でない場合はまったくメスをいれる必要がない人、つまり健常人に手術を施すわけであり常識的に容易にされるべきではなかろう。ましてやその手術でドナーが死ぬなどは本末転倒といえる。まあ、そうしないと救えない命もあるわけだから現実は難しい。この漫画の趣は僕が言っていることとは違う視点だが移植について真摯に考えており、いろいろと考え方の点では参考になる内容である。正直僕はこの漫画の主人公ほど熱くはないからアレだがこれからの移植を担っていこうという人たちは医者としての視点だけではなく市井のひとの視点も理解が必要ということだろう。よくできたドラマティック漫画でありそれなりにおすすめ。
まったく話は変わるが勉強のなかでも公衆衛生分野は皆どうしているのだろう?問題はやる気が起きないことも大きな要素だが、それ以前に割と覚えることも多い。臨床とはほとんど関係ないことは今更なイメージだし、ゆえに関連づけもできず放置になる。模試ではB問題くらいに必ず出るが・・・・まったくとけない。そう、1問たりとも分からない、興味もない。このままではいけない!のか?ナゾな範囲である。

erin4.jpg
永琳の頭脳ならば悩むこともなさそうだが・・・なんか別のことでブットビそうだ
≪ Back  │HOME│

[1] [2] [3] [4]

Copyright c blogでイラスト。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]