忍者ブログ
管理者のてきとーなつづりがき。イラストや私的趣味について語る予定らし医学部としての学生生活もレポートしていこうかと思われたが医師に。 お 研修医師のてきとーさをあらわすブログになりそう
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カウンター
最新コメント
[01/17 Viktorianemeld]
[04/15 雷晶]
[04/09 Kato]
[02/28 雷晶]
[02/27 窪羅屍邊]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雷晶(いかずち あきら)
性別:
非公開
職業:
研修医
趣味:
パソゲー、非電源系
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて新着といえば新着の漫画、新ブラックジャックによろしくの2巻を読む。新に入ってからは移植が主な話題である。事実移植はすばらしい医療であるがそれは結果であり、そこにいたるまでの過程はどの治療よりも困難である。それはむしろそうあるべきだとも思うが。移植というのは死体移植でない場合はまったくメスをいれる必要がない人、つまり健常人に手術を施すわけであり常識的に容易にされるべきではなかろう。ましてやその手術でドナーが死ぬなどは本末転倒といえる。まあ、そうしないと救えない命もあるわけだから現実は難しい。この漫画の趣は僕が言っていることとは違う視点だが移植について真摯に考えており、いろいろと考え方の点では参考になる内容である。正直僕はこの漫画の主人公ほど熱くはないからアレだがこれからの移植を担っていこうという人たちは医者としての視点だけではなく市井のひとの視点も理解が必要ということだろう。よくできたドラマティック漫画でありそれなりにおすすめ。
まったく話は変わるが勉強のなかでも公衆衛生分野は皆どうしているのだろう?問題はやる気が起きないことも大きな要素だが、それ以前に割と覚えることも多い。臨床とはほとんど関係ないことは今更なイメージだし、ゆえに関連づけもできず放置になる。模試ではB問題くらいに必ず出るが・・・・まったくとけない。そう、1問たりとも分からない、興味もない。このままではいけない!のか?ナゾな範囲である。

erin4.jpg
永琳の頭脳ならば悩むこともなさそうだが・・・なんか別のことでブットビそうだ
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27]

Copyright c blogでイラスト。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]