忍者ブログ
管理者のてきとーなつづりがき。イラストや私的趣味について語る予定らし医学部としての学生生活もレポートしていこうかと思われたが医師に。 お 研修医師のてきとーさをあらわすブログになりそう
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新コメント
[01/17 Viktorianemeld]
[04/15 雷晶]
[04/09 Kato]
[02/28 雷晶]
[02/27 窪羅屍邊]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雷晶(いかずち あきら)
性別:
非公開
職業:
研修医
趣味:
パソゲー、非電源系
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 PS2の新作、オーディンスフィアをゲット。雰囲気は随分前の名作、プリンセスクラウンだが、アクションの要素や、マップ構成などに差異がみとめられる。
 アクションゲームであり、RPG的な要素はないことはないがおまけである。アクションが肝のゲームであることを強調したい。攻撃法は多数あるが、基本的に逃げで戦うのが本筋となる。理由としては敵が多数出現すること、ボスはひるまない等あげれるが、一番の理由は攻撃をするとゲージが消耗されてしまうことである。ゲージがなくなると恐ろしい隙ができてしまうため、いったん遠くへ逃げてゲージを回復させねばならない。以上より逃げゲーとなっているため、爽快感は低めである。ただし、それゆえの戦略があり、いかにゲージを使っていくかが、重要である。防御の重要さが非常に体験できるだろう。
 このゲームではアイテムの運用がかなりの位置を占めており、アイテムを使いこなさなければどうにもならない。使えるアイテムはほとんど合成でつくるため面倒だが、ないと100%詰んでしまうため、やらざるをえない。合成では経験値ももらえるために重要度は高い。しかし実はアイテムの限界所持数は少なくあまりまくる経験をするだろう。ふやすことはできるが金がかかるため、常に何を所持するか悩むという現象がおこる。実などの食べ物ならば、経験値になるので食べればいいが、種などは計画的にしないと活用は困難である。
 結論としてこのゲームは難易度は高い。難易度は選択できるが、簡単にしても難しい。クリアはアイテムがあれば可能だがボスごとにアイテムがかなり失われるために、ステージごとにアイテム稼ぎをしなければならないのが、面倒といえば面倒である。ただし、アクションは面白く稼ぎもそんなに苦痛ではない。カクゲーほどのモーションがあるわけでもないので、やや単調になりやすいのはたしかだが・・・。死んでもすぐやり直せるのはいいが、これも良し悪しだろう。ストーリーに酔うべきゲームだといえる。北欧神話ちっく。
 まったく話は変わるがようやく消化器も終わり眼科に移行した。今思うと消化器は常識が通じるため楽といえば楽だったが、眼科はかなりやばめ。目の解剖なんぞしるわけもないし、どの疾患がどんな病態なのかまったくイメージできない。イメージというのは重要で、たとえば輪状暗点とかいわれても、全然イメージできず、なにそれ?と思ってしまう。こんなのでは記憶することもままならず、ただの流し読みになってしまう。やはり、QBではなくステップから始めるべきだったかと後悔。

yomu.jpg 妖夢が僕の悩みを断ち切ってくれたらなあ・・・

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

Copyright c blogでイラスト。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]