忍者ブログ
管理者のてきとーなつづりがき。イラストや私的趣味について語る予定らし医学部としての学生生活もレポートしていこうかと思われたが医師に。 お 研修医師のてきとーさをあらわすブログになりそう
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カウンター
最新コメント
[01/17 Viktorianemeld]
[04/15 雷晶]
[04/09 Kato]
[02/28 雷晶]
[02/27 窪羅屍邊]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雷晶(いかずち あきら)
性別:
非公開
職業:
研修医
趣味:
パソゲー、非電源系
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

稼動からしばらくたったが、いろいろとやりこんではみた。基本的には対戦以外では7,8,9と難しい。7を抜けれたら9(Final)に飛ぶこともあり、得点の調整をすればラストまでいけなくもない。1人なら3000でいくのがクリアへの近道だが、3000ならば被ダメージが低いニューガンダムや攻撃が強いウイングゼロだろう。特にウイングゼロは本命ともいえる能力の高さだ。2人になると3000はやや使いにくい。2000オールか2000、1000くらいだが3000,2000もありえるだろう。とはいっても1000で使い物になるものはシャアザク、イージスくらい、2000ならば格闘機体はきびしい。どの組み合わせも2000を使うほうが大変。3000がありなら3000特攻か絶対落ちないようひよるかの2択だが、いずれもウイングゼロがよいだろう。
一方対人戦では格闘機体の出番。マスターガンダムは異常。3000ならばフリーダムがすべてを超越した動きで格闘を封殺する。1000、3000の組み合わせは対人ならばかなり有力。1000は必然的に後衛になるが、陸戦ガンダム、キュベレイが使いやすい。シャアザクも3倍なら十分前衛になる。2000,1000は微妙、2000,2000は普通にある程度。相性はあるので可能性は無限だが、マスターガンダムは含んでおくとよい。ヘビーアームズも普通に強くこの2人が組むと厄介。
合体技だが、対人のみ語ると確実に当てるのは難しい。しかし特定の時だけ決まるので補足。それは相手の格闘をかわして反撃確定と思ったとき。発動させてからおもむろに斬る。相手はダウンし、起き上がったころにちょうど発動ということだ。タイミングが合いやすいのはジェネシスか?まあ、これはあてるというかは行動限定の意味合いが強いが。撃てるのも1回で死にそうなときだけだし。
というわけで僕個人のBEST
1人ならばウイングゼロ
2人ならばウイングゼロ、ヘビーアームズ
対人ならばウイングゼロ、マスターガンダム(ウイングは落ちない方向で)

つーかウイングゼロは強すぎだろ?
PR
いろいろと同人ゲームをやってきたが、意外に知られていない名作もありそうなので少々紹介したい。同人ゲームはとにかく一般より安いがネットにつないでないとサポートが厳しく、致命的なエラーを引き起こすものも多い。出来も最近のネトゲーと比べると劣り、PSの段階かスーファミといったところがほとんど。しかし、そーいう世代がいいという層もあり、また同人なのでその作品への愛しだいでどれだけでも価値がかわるものである。と、いうわけで今回は商標化されているものの同人は極力紹介しません。それこそ愛が価値を決めると思うので。同人のなかでもオリジナルを紹介しようと思います。どーでもいいですがパソコンを買い換えたらビスタになってしまった。古いのは動かないかも。同人は特にその傾向があり、注意が必要。XPが一番。
まずいわずと知れた東方。オリジナルの世界観でも割と有名でないだろうか。本家もいろいろあるが特に妖々夢と永夜抄を勧めよう。基本的シューティングで難易度も易しい。システムもオーソドックス。花映塚や文花帳もあるが、どちらも独特。文花帳は難易度が高く、エキストラまで出すのは厳しいだろう。難易度が高いといえば紅魔郷もそうだろう。古いために当たり判定が分からないのがきつい。ぬるゲーマーならば妖々夢と永夜抄からをすすめる。最新の風神録はそれからのほうが少しは深みがあるかな。
本家のほかでもいろいろあるが、東方戦騎譚はおもしろい。ゲイングランドで通じればいいが、ほどよいアクション。2人同時も可能なのがよい。古いがおすすめ。メガマリはまさにロックマンだが、難易度はひかえめで良作。東方幻想連鎖や東方烈華伝は対戦相手が多いほどおもしろい。ある意味4人用。
まあ、東方はそのへんで、そろそろオリジナルっぽいのを。
アクションだが、Rosenkreuzstilette。一言で言えば美少女ロックマン4。フルボイス。難易度はやってないと高いが、弱点をつけばなんとかいけるかも。鬼畜ゲーではないが、それなりにやらないと厳しいやりこみゲーム。
次はデュオプリンセス。爽快なアクションで2人同時も可能なため、かなりおもしろい。元ねたはデュープリズムだが、それは知らなくても問題なし。ミント(格闘系)とマヤ(魔法系)が主人公で戦い方もぜんぜん違い2人同時だと、協力感が増し、ますますおもしろい。
リーサルアプリケーション。独特のシステムに戸惑うかもしれないが、これはやって損なしの名作。最終戦は熱くならざるを得ないシュチュエーションバトル。難易度はそこまででなく敷居は低めか。
クレセントペールミスト。爽快すぎる横アクション。その動きやグラフィックは他を圧倒する。割と現在寄りのコンボゲーム。MAPがちと複雑なのが難点か。雰囲気としては悪魔城ドラキュラに似ている。
殉滅指令!!COMBAT。元はほいほいさん。ガンダムのVSシリーズまんまのシステム。いろいろとかけているが(弾の数、危険表示など)、なれれば結構いける。動きは高速で、弾はほとんど当たらない領域に達する。しかし弾の威力はすさまじく一発で逝けるほど。最初は厳しいがやってくと武装がふえて楽になっていく仕組み。強い武装にするとコストがたかくなるのでジレンマ。ちなみに2VS2の対人可能。
くらすぺ。クラナドのスペランカー。スペランカーなので難易度は高い。謎もある程度解かねばならないが、無理ゲーではないので、そこそこいける。

シューティングだが、エンジェライズシリーズは割とよい。エンジェライズ2は進化がはげしく良作。ノーコンは厳しいが、コンティニュー回数は多めで初見でもクリアは可能レベル。得点稼ぎが主のやりこみ系。
eXceed2ndREX。過去の記事にあるので省略するが、お手軽にできてストーリーもフルボイス。斑鳩だが、基本的にぬるゲー。ちなみに他の シリーズはアーケードレベルに厳しい。(3は除く)。
ガンデッドライン。なぞの世界観やてきとー感がマッチした横シューティング。避けよりか、攻撃に特化した感じで機体により大きく性能が異なる。非常に容量も軽く手軽な一本。
スグリシリーズ。スグリはかなりの厳しい難易度。しかしこれも徐々に武装を手に入れて強くなるため、なんとかなる。撃たれる前に殺す覚えゲー。アクセラレーションはなんつーかサイキックフォースの雰囲気。サイキックフォースは一時期席巻したのでそのおもしろさはわかるだろう。個人的にはアクセラレーション派。敵は結構つよいが・・・。

シュミレーションだが、FFTを知っている以上、なかなか同人レベルで満足させられるものは少ない。フリーの同人ゲーム、グロス・ぱいッ!チュラントは時間を忘れて楽しめたが、万人向けではない。最近やっている戦国幻想郷は結構な名作。東方の戦国ランスみたいなの。というかまんま。バランスがすごくうまくつくられており、やれることは少ないが、それが逆に敷居を下げているとおもう。シュミレーションながら、戦闘がすごく重要で、頭を使わないといけない。RPGのような感じだ。カウントが存在し、意外にうざい存在。カウントがある限り行動できるから、敵は各個撃破ではなくそれなりに弱らせ、カウントを浪費してもらわねばならない。このゲームはダメージを負うと攻撃力が下がるので。というわけでクリアは12時間くらい。全国版のほうがゲーム的におもしろい。魔界神軍でやったが、結構苦戦もあり、よい具合に楽しめる。中心がやはり焦点で、わざと放棄するのも手だと思った。初期メンバーで使い物になったのは、夢子、幼アリス、マイくらい。他は思ったより使えず、捕虜と交換していく。レミリア、文も強かったが、西瓜が実は一番強い罠。神綺様もそこそこ万能だった。

e89d37aejpeg
78ターンで八雲落としてクリア。時間は相当かけて慎重に行ったが、2軍がやはり敵に勝てない。わざと撤退し、80減らしで2ターン稼いでいる間に隣接を占領という手は使えた。順番は紅魔館→妖精→(里が滅びていたので)人形解放→永遠亭→博麗→妖怪→アリス→彼岸→霊界→八雲と滅ぼした。まったくもって捕虜が最悪で、使える人材がそろわないのには苦労した。まあ、とにかくこれはおもしろいし、最近のおすすめ。ルセッティアもおもしろそうだが、やる暇なし。

まあ、こんなところだが、あとひとつ。ドラクエマージャン、ドラクエマージャン2ははずせない。マージャンができることが前提だが、腕は必要ない。なぜならイカサママージャンだからだ!しかしバランスはそこまで悪くなく技や呪文(イカサマ技)、能力値を育てていくのが楽しい。マージャンという名の戦闘でHPやMPも存在しているのだ。当然仲間がやられると、技が使えなくなりピンチになるわけだ。言っとくがこのゲームは完成度が高く同人レベルではない。普通に時間を忘れて楽しめるだろう。18禁だが。

というわけでまとめ。
シューティングは東方をおすが、エンジェライズやイクシード2REXもよいよと。
アクションはリーサルアプリケーションがイチオシ。
シュミレーションは戦国幻想郷が熱い。
18歳以上ならドラクエマージャン2がおすすめ。

格闘系ならばひぐらしデイブレイクもおもしろいよっと。
yumeko.jpg
世話になった元祖メイド夢子さん。咲夜さんと区別できないが、ゲーム中では大違いの活躍。

さて秋葉原にはすでにあったが、金沢のレジャランにも導入されていたようなので感想をのべよう。
そんなにはやってないが、いろいろな作品のガンダムを使えるのは圧巻。アホみたいな攻撃が出来る機体も多数あり、なかなか派手になっている。全コストは6000までで、機体は1000、2000、3000しかないので前作のような微妙な残しはできない。しかもオーバーコスト制でありたとえば2000、3000で出撃したとして2000がやられると残り4000。これはいいが次に3000がやられると残り1000。このときにオーバーコストが発生し(残り1000なのに3000が復活するから)体力が3分の1で開始となってしまう。つまり前作と違いどうやっても6000に見合った戦力になるようになっている。この辺を知らないと厳しいかも。特に2人でやるときは。
射撃は当たりやすいが威力はかなりひかえめ。格闘もあたりやすいが威力が半端ではない。あのディスティニーをこえるくらいの極端さだ。サポートユニット召喚はかなり使い勝手がよく、これの使いこなしが鍵。操作感覚はずいぶんディスティニーとは違い、とまどうかと。
一番目をひくのはやはり協力技だろう。見た目は派手。威力は最高。でも当たらないのがこれだ。Comには当たるが対人ではまずくらわない。がそもそも当てるものでなく相手の動きを制限するもの。相手は絶対に全力で逃げねばならないので追撃のチャンス。反撃もまずありえないので安心タイムというわけだが・・・・。実はそうはならない。自分が発動すると対人では相手も撃ってくる。基本的に死にそうにならないと発動できないので両者逃げ回って終わるか、お互い特攻かの2通りしかありえない。対人ではよほど上手く使わないと厳しいだろう。ちなみに間違ってもかわさず攻撃を選んではいけない。アクシズが落ちてきて直撃するとどんな硬いやつも350は受ける。
3000はインチキ的な強さをもつものが多いが、扱いはきびしい。しばらくもたして落ちても、僚機が1回でも落ちてれば必ずオーバーコストで全力を出せない。初心者は2000がいいだろう。ストライクは換装ができてオススメ。ササビーもファンネルが強い。1000はヴィクトリーが強い。サポート召喚の盾が脅威で使い勝手はよい。2000、2000か2000、1000が安心の組み合わせ。3000の組み込みはシステム上厳しくなった。しかし繰り返すが3000の機体はインチキなのでそれもありといえばありだが、どんな機体も1発格闘をうければ最低3分の1減ると思ってかまわないくらい格闘がヤヴァイので注意。3000も一瞬だーーーー!。
ネタばれだがそれでもという人は↓を



全8面だが、スコア?かなんかで途中にエキストラステージが登場。2vs4に一時的になり、難易度は高い。ラストはデビルガンダム。バーチャロンのラスボスみたいなステージ。バリアをはりだすと、両サイドの首を倒さないとダメージを与えられない。一定時間でまたバリアをはるのでこれの繰り返しになる。主に相手は極太レーザー攻撃だが、時々サイドにふってくるので注意が必要。横でなく上にかわしたほうが無難。

VS1.jpg
3000のインチキ代表、ウイングゼロ。画像のレーザーは普通に移動しながら撃てます。

VS2.jpg
合体技。2人なので必ず二つ同時に発動する。キャラ(or作品)固定ぽい。

VS3.jpg
コスト1000のオススメ。ファンネルもあるし、パイロットはプル。萌え~。
世の中には麻雀というゲームがある。それはみな知っていると思うが、とっつきにくいというのもあるだろう。やる人はそんなに多くない。だが、あれはなかなかにおもしろいものだ。まずは運が、そして感性がものをいうのである程度の知識があれば初心者でも勝てる。効率というのを考えたら、ある程度頭を使うことになり、よい感じで頭を使った気になれるのもいい。また、最期は運なので、スリルを味わえるのもいい。けっして簡単ではないルールだが、それは逆に奥が深いことを意味していると捉えてほしい。まずは打ってみるのだ。運とはいっても効率は重要。なかなかあがれないだろう。しかしあがれたときの充実感はたまらないはずだ。低い点数なら萎えそうだが・・・。巷では赤ドラルールが優勢なのであがればどんなクズ手でも高くなるので初心者向けである。麻雀にはさまざまな考えがあるからあれなので、これから先は一人ゴトとしてとらえてほしいが、個人的に赤はイマイチ運の要素が高すぎでおすすめできない。せっかく覚えた役より、適当にきた赤1枚が勝るのはいかにも無情。ドラは4枚がスタンダートだと思う。最近はやりのデジタル打ちというのがある。長いスパンでみるならばそれもいいだろう。初心者は誤解しているかもしれないがデジタル打ちはアガリ確率が高くなる打ち方ではない。期待値が高くなる打ち方である。例を述べるなら6枚待ち1000点と4枚待ち2000点の聴牌ならどっちをとるか?あがりやすいは1000点だが期待値的には2000点を採る。これがデジタルである。だが、私はこれにはあまりこだわらないほうがいいと思う。麻雀は、まあ仕事とかプロとか除き一般的にはただの遊びである。期待値うんぬん考えながらやるよりかは大物手を狙うほうが個人的には楽しい。勝敗は重要だが、そんなことはラス前やオーラスに考えればいいことである。しかし・・・やはり初心者同士はともかく打つからには最低限のルールは知っていてほしい。それは他の人のことを考えることである。2人対戦なら他人は敵だからどうでもいいが麻雀は4人でやるものである。あまりに駄目な打ち方で自覚はなくとも下家をサポートしまくったり、無謀な放銃は他の2人のテンションを著しく下げてしまう。まあ、空気は読もうということで。たいていは許されるがそれは初心者の間だけ。ラス確定1000点アガリとかは初心者には難しいかもしれないが絶対にしないようにすること。人にはそれぞれ打ち筋があるが一応基本をいっとくと(あくまで私の考えであり参考程度に)、リャンメン待ちは優秀なので残す。ドラは残す。字牌ドラは特に切らないほうがいい。面子にならないなら降りたほうがよい。ペン待ちはくさっているので落とす。カンチャンはリャンメンに発展したり、リャンカンはもろひっかけができるので、それが嫌でないならおすすめ。字牌の頭は頭候補が2つ以上あるなら落としたほうがよい。あと鳴くのは絶対にほしい牌が手に入るのでお得かと思うが1回ツモを放棄しているし、使用できる牌が3枚きえるためのちのちのツモが悪くなるためオススメできないといっておこう。リーチの権利も消えるしね。しかし使いこなせばこれ以上の武器はない。中級者になってからマスターしていこう。あとは実践のみ。練習サイトはここがおすすめ↓
9f2f0c28jpeg
http://nani-kiru.com/

e08807c7jpeg
霊夢。以前かいた漫画の1コマ。麻雀やりたいねえ。この漫画はバリバリのイカサマ麻雀だが・・・
気がつくと150ページをこえていたために発行されることはないだろう。それ以前に内容が・・・


いろいろ言ったが麻雀はおもしろい。残念ながらそれがわかるのは中級者以降である。いい打ち手に会おう。それが一番難しいが・・・。ネット麻雀はイカサマなし、金なしとお得感はあるがリアルのほうが絶対に強くなる。ネット麻雀はある意味リアルより麻雀している。それはツモのリズム、打牌、視点、理牌がまったく見えないからである。クセがない。麻雀だ・・・。だがそれは本当の麻雀なのか?世の趨勢には逆らえないがそう思うときもある。しょーじき面子をそろえるのはきびしーが。

 ――――“完璧なセッション”、か。
 世界には、完璧などというものは存在しないのだヨ。
 陳腐な言い回しになるがネ。
 それは事実だ。
 なればこそ凡人共は“完璧”に憧れ、それを求める。
 だがネ、“完璧”に何の意味がある?

 何もない。

 何も、何一つだ。
 私は“完璧”を嫌悪する。
 “完璧”であればそれ以上は無い。
 そこに“創造”の余地は無く、それは知恵も才能も立ち入る隙が無いという事だ。

 解るかネ?

 我々TRPGゲーマーにとって、“完璧”とは“絶望”だヨ。
 今まで存在したなにものよりも素晴らしくあれ。
 だが。 決して完璧であるなかれ。
 TRPGゲーマーとは常にその二律背反に苦しみ続け、更にそこに快楽を見出だす生物でなければならない。

 つまり
 “完璧”などという頓狂な言葉を口にした瞬間に、既に君は私に敗北していたのだヨ。
 君を“TRPGゲーマーとするなら”の話だがネ。

・・・・完璧なパクリですな。ちなみに後悔はしていない。

b4e0a69bjpeg
わたしのナイトウィザード2の最新キャラ。レベルは3。
基本は護法剣、金剛剣でダメージをおさえ、ボスには使用制限がない柔の構えからの散滅、落葉であらゆる攻撃をほぼ無効化する。弱点はステータス異常。
しかしほぼ3回行動、命中値(回避、抵抗)が21はこのレベルではなかなかの強さと思う。
攻撃力が37(防御、魔防)は少し低めか。
代償軽減2で消費MPは抑えられるが今思えばマイナーがないのでMPポーションを常備化して使ったほうがよかったかも・・・。
キャラ名 フェニル=ケトン はある意味ネタ。得意のガスリー流刀殺法を使う。愛剣は秘剣「三池典太」。とはいってもデータはただのウィッチブレードだが・・・。性格はハイテンションな正義の味方という今までのイメージを払拭するキャラとなっているが何セッション持つか・・・・ 

≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

Copyright c blogでイラスト。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]