忍者ブログ
管理者のてきとーなつづりがき。イラストや私的趣味について語る予定らし医学部としての学生生活もレポートしていこうかと思われたが医師に。 お 研修医師のてきとーさをあらわすブログになりそう
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カウンター
最新コメント
[01/17 Viktorianemeld]
[04/15 雷晶]
[04/09 Kato]
[02/28 雷晶]
[02/27 窪羅屍邊]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雷晶(いかずち あきら)
性別:
非公開
職業:
研修医
趣味:
パソゲー、非電源系
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 少々話題が遅いが、東方についに新作がでる。その名も東方風神録。前作とは違い、ステージ制のものらしい。詳しくは左のリンクから上海アリスさんのページへGO!
 東方だが、僕的にはやはりステージ制のほうがやりごたえはあると思う。花映塚みたいなのもてきとーにできてよいが、忘れられないのは妖々夢。これは名作だった。まだやってない人はぜひやってほしい。体験版なら無料ダウンロードもあるし。シンプルイズベストが体験できると思う。ゴルフ部のホームページには攻略ページもあるので、役立てて欲しい。
 さて、眼科だが、基本的に眼底鏡が全てであり、これが読めないと厳しい。特徴はあるものの、始めは全く理解できない。基本的な像を叩き込んでないとどこが異常かさっぱりであるからである。だが、パターンはたしかに存在しており一度理解すれば鉄板になりえるという印象を受けた。少なくとも、消化器の画像よりかは安定するだろう。今はまだまだだが、慣れれば戦えると信じたい。

eirin.jpg 天才と噂の永琳。ぜひ癒してほしい・・・
PR
 例大祭販売のVisionというゲームをゲット。前から興味はあったがだけにうれしい。

vision.jpg
               
 基本的には2人対戦のデッキ構築タイプ。いわゆるマジックザギャザリングののりである。東方シリーズでは珍しく硬派なタイプといえるだろう。相手のライフを削れば勝ちだが、そこはグレイブというシステムがあり、攻撃をすると、相手にいわゆる土地を与えてしまいうまくはいかない。色とかそんなものはまったくないのでどんなデッキでもうちたいものは最終的には撃てるだろう。逆に言うと相手のしたいことは最後までわからない・・・そんなつくりになっている。
 しょーじき言ってスペルは使えないものが多い。ただし召喚タイプのスペルは優秀といえる。なぜなら、このゲームは1ターンに1人しか呼べないのである。数の上の差をつけるには召喚スペルしかないのである。(1部例外あり)同じ理由でキャラだけいれても1ターン1回なのでうまくいかない。そこでコマンドといわれるレスポンスカードがまあ役に立つわけである。魔力還元、断罪裁判はまさに脅威のカードである。対抗魔術も全キャラを破棄させるマスタースパークと組み合わせればいけるだろう。ドラゴンメテオはどのデッキにも入りうるカード。これの使い方は重要だろう。
 キャラでは、てゐが強い。使い勝手は決してよくはないが、プレッシャーにはなる。風見はスピアザグングニルをつけて攻撃する(こーりん必須)とほぼ必ずゲームが終わるので使えるが属性は最悪。なんだかんだで、ノード5の時に妹様にグングニルが一番強いかも。
 まあ、組むなら即効幻想生物デッキか、西行妖デッキか、吸血デッキになるだろう。一発ネタの吸血デッキが一番強いと思うが・・・

sakuya2.jpg
東方といえばやはり咲夜さん!!!

│HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

Copyright c blogでイラスト。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]