忍者ブログ
管理者のてきとーなつづりがき。イラストや私的趣味について語る予定らし医学部としての学生生活もレポートしていこうかと思われたが医師に。 お 研修医師のてきとーさをあらわすブログになりそう
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新コメント
[01/17 Viktorianemeld]
[04/15 雷晶]
[04/09 Kato]
[02/28 雷晶]
[02/27 窪羅屍邊]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雷晶(いかずち あきら)
性別:
非公開
職業:
研修医
趣味:
パソゲー、非電源系
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ミキシからの転載です。

たいしたネタではないが「幻想ノ宴」に興味をもってくれている人もいるようなのでひとつ宣伝したい。

f4c5c0e4jpeg

↑てきとーなサンプル。ようはスペルカードを呪力を払って起動して相手を攻撃していくゲーム。強いほど攻撃、命中など高いが呪力が起動するコストが高いので、その辺のバランスは絶妙である。

ルールも割とシンプルで、MTGでいうインスタントがなく、ソーサリーしかないために、処理に不具合が起きづらくはなっている。その分サプライズはないが。

強いデッキは強いが、カードが強いのでそれを引けないときびしい。強キャラのカードは強いのはとことん強いが他がだめなパターンが多いので、その辺の引きで変わってくるし、相性の問題もあり、なかなかに深い。割かし先手ゲームだが(サンプルカードのとおり、攻撃>迎撃なのでスペルを防御に使うと損なイメージ)、捲る醍醐味もほかのTCGより格別だと思う。

話はかわるが・・・

世の中には他にもよいアナログゲームがあるが、サンファンやバトルライン、カール大帝の騎士が一押し。全部カードゲームなのでお手軽です。まったく同人要素はないが、腐った日本企業が作った運ゲーではなくドイツ製なのでそのおもしろさは格別。デッキ構築も必要なく、頭もかなり使わせられます。ルールはいたって(わりと)簡単ですし、購入もそこまで難しくはありません。バトルラインを除いては2人~4人いけますし、サンファンは最大6人は可能で可塑性も高いです。個人的にはガチ勝負のバトルラインが熱い!基本はブラフと手札から未来の手を予測する直感。

ボードゲームと違いカードなので、とは言っても運ゲーではないので初心者も25%くらいは勝てるバランスでグッドだと思います。

まあ、ほかにもおもろーなドイツゲームがあるならぜひ教えてもらいたいものですね。ちなみに6ニムトとかメジャーなのはあえてのぞかせてもらいました。コンセプトが2人から・・・という感じでの紹介でしたし。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103]

Copyright c blogでイラスト。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 御伽草子 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]